<< 二宮杯 | main | 気持ち良く飛ばしたい >>
2012.11.06 Tuesday

直談判

紙飛行機協会のトップと直談判とメールしました
どうにも収まらない心の内を話しました。
前々から一般競技者から出ている
今年の機体検査委員幹事委員のおかしい言動や行動もはっきりと申し上げました。
このような私の行動や言動は
競技者として絶対してはいけないことです
審判がアウトと言えばアウトです
いちいち抗議すれば競技が成立出来ません
審判に行き過ぎた抗議をすれば退場になります、ですから
勿論、二宮杯に参加する事は
ありません

皆様には大変御見苦しい迷惑をかけてしまいました
大変申し訳ありません
全国の紙飛行機愛好家の皆様にお会い出来る大会でしたが
誰かがおかしいと大声で叫ばないと
声の小さな方や子供達がただ押し黙ってしまうのは
紙飛行機愛好者として黙っていられませんでした
勿論、紙飛行機は辞めるつもりはありません
紙飛行機が無ければ交通事故のリハビリもなかっただろうし
震災も乗り越えられなかったと思います
第一にこんなに沢山の友人が出来、北は北海道、南は九州まで日本全国にいる事が私の財産であります

今後は全国の大会に出かけますので
皆様宜しくお願いします



コメント
今度、遊びにおいでよ。

私も紙飛行機もって遊びに行きたいんだけどね・・これが、なかなか。。
  • かぁ
  • 2012.11.06 Tuesday 23:08
かぁさん、いらっしゃい
来年は九州オープン行きたいですね〜
JPカップの時もうちのクラブの男の子が
機体検査で失格となりその子と一緒に
機体を作るのを手伝っていたんで
九州の美味いものたべてなかったんで
行きたいな〜って考えてました
行く時は連絡します宜しくね〜
  • 親方
  • 2012.11.07 Wednesday 10:16
親方様
二宮杯ではそのようなことになっていたのですか。
規定種目の改造ってOK,NGの判断基準ってむずかしいですよね。
細かなところは結局審査員の個人的判断になってしまいがちです。
九州OPENでも規定種目StandardOne2.0(I出屋)の翼形を変えたり、紙厚を変えたり、
最悪なのは商品のコピーまでしている人がいました。
今まで機体検査をやらないのは良識を信じていたからですがここまでになると最低のルールと検査は必要かなと運営側としてはそう思いました。
規定種目競技の意味は同じ機体を作って飛ばして競うことです。
その作る時点でのよく言えば創意工夫、悪くいえば改造をどこまで許容するかということです。九州でもこの件についてみんなで議論していきたいと思います。
堅い話ですみませんでした。
追伸 お土産をいただきありがとうございました。(^^)
二宮杯(旧ジャパンカップ大会)でルール上での苦い経験し、その後その手の大会に出ていませんがまだ同じような問題が有るのですね。
紙飛行機以外のFF競技のルールは単純明快です。
紙飛行機のみなぜ複雑なルールになるのでしょうね。
いくらルール改正してもこの様なトラブルは発生する。これって世界に通用しない競技かもね。
  • じじ・ババ
  • 2012.11.10 Saturday 17:31
カイチョーさん、じじ・ババさん、いらっしゃい
不正は良くないです!ルールが有る以上
それに乗っ取って競技しないと何にもならない
でも、そのルールも良く理解しないで
人の丹精込めたルールに沿った物でも
違反扱いして気分を害してしまうのは
全く持ってナンセンスです
全国から高い旅費を出して遠くから
楽しみにきてくれる仲間に愛好家として
本当に恥ずかしく情けなくてしょうがないです
もう二宮杯には参加しませんが
もっと楽しい大会に参加しますので
今度は笑いながらも真剣に飛ばしっこしましょう
  • 親方
  • 2012.11.12 Monday 17:44
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM