<< 天然真ホヤ | main | お詫び >>
2012.06.10 Sunday

理解できない

 大事な時計の電池交換してきました
余りにも大事にしているので
冠婚葬祭時しかしない腕時計です
今回、いつも電池交換してもらっている時計屋さんではなく
地元で老舗の時計屋さんで電池交換してもらいました
時計見るなり「ん?親方、傷ついているよ」
おいら「え?」
時計屋さん「ここ!」
とここ
おいら「ひぇ〜」
そうです馴染みにしていた時計屋さんが
おもいっきり傷つけて電池交換してました
しかもご丁寧に裏蓋に交換した日付やら自分が交換したマークまで
しっかりとついています
その時計屋さんは海外ブランドを扱ってましたので
安心して任せていましたが
こんなにがっちり傷がつけといて
交換代しっかりとってます
どんだけBAKAにしてんだ〜
お店に行って来ました
しっかり言い訳されました
電池交換で多少の傷は付くのだそうだ
これ金属がめくれるような傷だけど
これも多少の傷?
誤って頂きました
修理させて頂きますだって
断りました
こんな仕事するところに
安心して任せておけません
先程、直営店に連絡したら
修理費で55755円プラス送料だそうです
女将に怒られました、、、、orz


ふざけんなよジ○イ○ミ○ラ
ゆるさないぞ〜ヽ(`Д´)ノプンプン

コメント
何々?
いつも交換していたところで傷つけられたわけですか?
それとも、今回行った、地元の老舗時計屋さんの方ですか?
  • のにりん
  • 2012.08.28 Tuesday 14:32
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM